福利厚生

 

​働く社員の声を大切に、参考に日々改善中です。

休暇

 

​年間休暇日数は128日以上です。従業員がより休暇取得できるように日々改善を行っています。

有給休暇

 勤務年数に応じて付与され、1時間単位、半日単位での取得も可能です。

 初年度は入社日に4日、入社日から6か月後に6日付与され、勤続年数により最大1年間20日付与されます。

夏季休暇

 7月から9月の間に4日間連続で取得できます。連続で取得できない場合も調整可能です。

 月曜日から木曜日に夏季休暇を取得し、金曜日に有給休暇を取得することで、前後の土曜日、日曜日と合わせて9連休を取得したり、

 それ以上の連休を取得することも可能です。

年末年始休暇

 12月31日、1月1日、2日に加え、さらに2日間連続取得できます。連続で取得できない場合も調整可能です。

​ 土曜日、日曜日及び有給休暇と合わせて長期の休暇を取得することも可能です。

慶弔休暇

 慶事、弔事の際に当社規定により付与されます。

​各種手当

 

​職場環境の改善に日々取り組んでいます。

給与の改定

 4月と10月に、本人の勤務成績及び勤務態度等を勘案して、給与の改定を行います。
​ 
若年層や未経験層、入社時期などを考慮して2回としました、毎年1回は上げたいと思っています。
 

賞与

 9月と3月に、会社の業績により賞与を支給します。過去の結果と未来への期待値で判断します。

旅費交通費全額支給​

 出張、その他業務に必要な移動で発生した旅費交通費は全額支給します。(経路などについて当社規程有)

慶弔手当

 慶事、弔事の際に当社規定により支給されます。

交際費支給

 プロジェクトメンバーや取引先との飲食代や会議費等の交際費を支給します。

社内イベント費用会社負担

​ 社内のイベントは参加自由です。懇親会や忘年会なども含め交流イベントは、全て会社が費用負担します。

 ボードゲーム・ダーツ会、予約待ちな焼肉屋の個室貸切・高級な寿司屋の貸切など家族が参加できるイベントもあります。

 若年の社員や社員のお子様に知らない世界を経験させることも社会に対する還元と考えています。

各種社会保険・任意保険、年金・退職金加入

 社会保険:健康保険(関東ITソフトウェア健康保険組合)、厚生年金、労災保険、雇用保険

 任意保険:業務災害保証保険、サイバーリスク保険

 年金・退職金:確定給付企業年金<DB>(日本ITソフトウェア企業年金基金:第1年金:給与割合/第2年金:在籍期間)

 年金・退職金は20代で入社した場合におよそ1000万円程度になるように制度設計をしてあります。

​ 今後は、確定拠出年金<DC>への加入なども考え、長期に安心して働き続けられるようにしていきます。

 在籍が3年を越すと受け取れるようになります。

育児・介護支援

 

​アキュアズは育児・介護への支援を大切にしています。

産前産後休業

 出産日以前42日間(双子以上の場合は98日間)と出産翌日から56日間、休暇を取得できます。

​育児休業

 産後休業終了後から子供が1歳になる誕生日の前日までの期間、休暇を取得できます。

 一定の要件を満たす場合は最長で子供が2歳になる誕生日の前日までの期間の延長が可能です。

パパ・ママ育休プラス

 従業員と配偶者がともに育児休業を取得する場合は、子供が1歳2か月になる日の前日までの期間に、1年間の休暇を取得できます。

子の看護休暇

 小学校就学前の子供が怪我をしてしまったり疾病にかかってしまった場合、該当子の世話をするための制度です。

 一年度につき5日間(小学校就業前の子供が2人以上の場合は10日間)を限度として​休暇を取得できます。

育児目的休暇

 小学校就業前の子供を養育する場合、育児に関する目的のため、一年度につき6日間を限度として休暇を取得できます。

 小学校就業前の子供が2人以上いる場合は12日間取得できます。

介護休業

 介護を必要とする家族1人につき、のべ93日間までの範囲内で3回を限度として休暇を取得できます。

介護休暇

 介護を必要とする家族の介護、病院への付き添い、介護サービスを受けるために必要な手続きの代行などをするための制度です。

 一年度につき5日間(要介護状態にある家族が2人以上の場合は10日間)休暇を取得できます。

所定外労働の制限、時間外労働の制限、深夜業の制限、育児時短勤務、介護時短勤務

 休業・休暇以外にも、育児・介護と仕事の両立を支援する制度を用意しています。

教育

 

​アキュアズは意欲のある従業員をとことん応援します。

書籍購入

 業務に必要な書籍の購入費用を会社で負担します。持ち運びに便利な電子書籍の貸与も行っています。

資格試験の検定費用負担

 資格を合格・取得したら、その検定費用を支給します。

研修・セミナー・イベントへの参加

 オンライン、オフライン問わず、研修・セミナー・イベントへの参加費及び会場までの交通費を会社で負担します。

ビジネスマナー教育

 社会人未経験者を対象にビジネスマナーの研修を行います。

その他

 

健康診断

 35歳未満は健康診断+1日人間ドック費用との差額分のオプション、35歳以上は1日人間ドックを受診することができます。

 30歳以上は5年に1回、50歳以上は3年に1回眼科ドックと脳ドックの受診も可能です。

 婦人科健診、扶養者健診も行っています。

予防接種

 インフルエンザ等の予防接種の費用を、従業員だけでなく扶養者の分も含め会社で負担します。

関東ITソフトウェア健康保険組合、日本ITソフトウェア企業年金基金による福利厚生

 健保組合が運営しているバーやイタリアンレストランを利用できたり、旅行などもお得な料金で利用できます。

 会員制サービス(えらべる倶楽部)も利用できます。また、健保大会(ディズニーリゾート)へも会社負担で参加できます。

​スマート福利厚生(ベネフィットステーション)

  会員制割引サービスです。様々な場面で割引を受けたり、eラーニングを無料で受講することができます。

​業務用PC、iPhone、ワイヤレスイヤホンの貸与

  PC・周辺機器、iPhone(データ定額5GB以上、テザリング、音声通話無料)、ワイヤレスイヤホン(数種類から選べる)を貸与します。

  G Suite、Microsoft365(E3相当)、セキュリティソフトのライセンス(プライベート用も含め)が付与されます。

  担当業務により、Slack、GitHub、AWS、Azure等、各種クラウドサービスや利用料も会社が補助します。

​ドリンクサービス

  プロジェクトルームには、ソフトドリンク、コヒー・茶類、クラフトビール・ジン、ウィスキー が冷蔵庫に完備されています。

  さらにビールサーバーもあります。ウィスキー の樽も会社で購入し、将来社員・その家族で楽しむ予定です。